アルバイトを選択するといった事
アルバイトを選択するといった事

企業ウケするアルバイト経験

就職活動の際にどのようなビジネス能力をアピールすると、人事への訴求度がより高まるのか、また、そのビジネス能力が自分の志望企業に役立つ能力かどうかを考えることは重要です。例えば、外資系メーカーの選考で、スイミングスクールでのインストラクターのアルバイトを引き合いに出して、Г誉めること、クラスの雰囲気を楽しくすることで子供の潜在能力を引き出すことが得意です」Г人と話をする時には同じ目標で的確な言葉を使って簡潔に話すことを心がけている」と、コミュニケーション力や指導力などをアピールしても、子供相手のコミュニケーション力や指導力は外資系メーカーで求められるそれとは異なるので、大した評価は得られないでしょう。

一方で、創意工夫をしようとしたが失敗に終わった工場現場でのアルバイトの話はどうでしょうか。一見するとオシャしな外資に建設現場の話は合わないし、失敗談はアピールにならないと考えられますが、イノベーション力ほど外資系メーカーに評価される能力はありません。また、失敗談でも失敗の理由を自覚しリカバリーしようという意志を備えていれば十分評価の対象となります。企業にとって必要のないビジネス能力を発揮した経験よりも、結果的に失敗に終わっても、必要なビジネス能力を発揮した経験をアピールした方が、間違いなく訴求度は上です。