アルバイトを選択するといった事
アルバイトを選択するといった事

学校公認でアルバイトの仕事に従事すること

現在飲食店や販売業の仕事を中心に高校生のアルバイト従業員を募集する求人情報が年々多くなっている傾向がありますが、校則でアルバイトの仕事をすることを全面的に禁止にしている学校が非常に多いため、高校生が学校に通いながら職務を全うし収入を得ることは非常に難しい印象があります。校則で全面的に禁止されている学校が多い中、家庭の事情や必要となる学費を稼がなければ高校へ通い続けることが難しい生徒たちのために、誓約書や親の同意書などの重要書類を学校側に提出することによって、学校公認でアルバイトの仕事に従事することができる生徒も存在します。

母子家庭や非課税世帯の家庭など、生徒本人が仕事に従事しなければ学費の支払いを行なったり日常生活に必要な生活費を確保することが難しい家庭も存在するため、学校側と話し合いを何度も行うことによって、ようやく特例で職務を全うすることが許されます。成績を維持しなければ学校側の許可を取り下げられたり、担任教師から好成績を保つように注意を受ける場合もあるため、日々勉強をしながらアルバイトの仕事に従事しなければいけないことすごく大変なことで、生徒にとってとても大変な学生生活に感じる可能性があります。